くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

信州青木村!赤い実?オリジナルブランドそば「タチアカネ」

f:id:umio1719:20190903174445j:plain

うみのなかでございます。

青木村では産業祭に合わせて案山子コンテストを実施しています。昨年は締め切りの2日前に取り掛かり、1日前に応募するという強行スケジュールでした。結果は6作品くらいの応募があり、見事にビリッけつ。今年は少し早めにやります。(笑)

さて、青木村の誇るオリジナルブランドそば「タチアカネ」が美味しいんです。青木村に移住してから、そばを食べる機会がかなり増えました。もちろん青木村もそば屋さんが多いのです。タチアカネの品種についてや食べられるお店などを紹介します。

タチアカネ

f:id:umio1719:20190903174533j:plain

白い花と赤い実のコントラストが美しいタチアカネ、葉の緑色も相まり、風景として最高にキレイです。そばとして提供されれば、その風味の良さは素人のボクでも分かります。9月には青木村一面を彩ります。

概要

塩尻市にある長野県野菜花き試験場で開発されたタチアカネは平成21年にそばの新品種として農林水産省に登録されました。品種としてはまだまだ新米なのです。気になる名前の由来ですが、栽培しているときに倒れにくい耐倒伏性に優れていることから「タチ」、成長過程の実が赤くなることから「アカネ」、この2つの意味を合わせて「タチアカネ」と名付けられました。赤い実は収穫時期には通常のそばと同じく黒茶っぽい色になります。

特徴

長野県の栽培品種は信濃1号が主ですが、それと同じく中間秋型品種と呼ばれるものです。信濃1号より優れている面はいくつかあります。まずは名前の由来の通り、倒伏しにくいこと、そして栽培しやすいことです。なんと!台風でも倒れなかったと栽培農家さんが驚いたそうです。台風の強さにもよると思いますが...また、ふるいに掛けて出荷する基準を満たした千粒の重さである千粒重(せんりゅうじゅう)が高く、容積重は長野県の栽培品種5種と比較しても上位に入ります。

味については甘みと風味の良さが特徴的です。タチアカネを噛めばしっかりと香りが鼻から抜けます。そしてパンフレットには十割蕎麦でもツルツルと喉越しが良いと書いてあります。通常二八蕎麦などがツルツルするのは、つなぎである小麦粉のグルテンが作用しています。十割蕎麦ではそのグルテンがないため少しザラッとするのですが、タチアカネにはどんな成分が含まれているのか興味深いところです。これはあくまでもボクの素人推測ですが、倒伏しにくいことから考えると何かしらの粘り成分が多いのかなあと...(笑)

ブランド

タチアカネは信濃1号と交雑しやすいことから、開発はされたものの特産品として栽培することは難しかったようです。青木村は村境を山で囲まれていて、隔離した圃場で交雑せずに栽培できるため、開発された平成21年から試験的に栽培を始めました。

タチアカネの白い花と赤い実を楽しめる頃には「そばの花・実まつり」、11月の産業祭と同時に「新そば祭り」、村内のそば屋さんを回るスタンプラリー、フォトコンテスト、そば粉を利用したバウムクーヘン、タチアカネの蜂蜜、そば焼酎など、様々な取り組みによりブランド化をしています。東京ドームでの「タチアカネ蕎麦ナイター」などのPRイベントも実施しています。ボクもタチアカネの実を利用してアレンジした中東の伝統料理フムスを近隣の地域おこし協力隊と一緒に試作しています。

そば専用キッチンカー

f:id:umio1719:20190903174509j:plain

2tトラックに調理機能を装備したタチアカネをPRするためのキッチンカー、その名も「タチアカネGO!!(号)」ですが、地方創生推進交付金を使い、購入しました。かなり目立つためPRには持ってこいのキッチンカーです。各イベントに活用はしていますが、役場職員だけでの運用は限界があるため、一般の方に貸出できるようにガイドラインを作成する方向で動いているようです。せっかくの素晴らしいキッチンカーなのでぜひ実現していただきたいところです。

タチアカネの提供

村内では多くの場所で提供をしています。タチアカネを食べることでの提供はもちろん、そば打ち体験などの楽しめる提供、また特産品として買うことのできる提供です。青木村に訪れた際はタチアカネを存分に楽しんでいただきたいと思います。

そば打ち体験

1人1500円4名から道の駅あおきで体験できます。

工場をリノベーションした平成31年12月OPENのお蕎麦屋さんです。

飲食店

天ざるそばが人気の道の駅あおき内にあるお蕎麦屋さんです。

  •  営業:通年11:00~14:30
  •  休日:年末年始
  •  住所:青木村大字村松29-2
  •  電話:0268-49-0330

食材は全て村内産にこだわるおふくろの味です。

  •  営業:通年11:00~14:00(夜は予約のみ)
  •  休日:火曜日と第三水曜日
  •  住所:青木村大字田沢3321
  •  電話:0268-49-2477

自家製醤油を使ったつゆでそば本来の味を大切にしています。

  •  営業:通年11:00~14:00(夜17:00~19:00※要電話)
  •  休日:月曜日
  •  住所:青木村大字夫神271
  •  電話:0268-49-2145

お子様連れ、ライダーさん、大歓迎のお店です。

  •  営業:通年11:30~14:00(夜は予約のみ※当日可)
  •  休日:不定休
  •  住所:青木村大字奈良本761-8
  •  電話:0268-71-5357

古民家の囲炉裏で予算と希望に合わせて料理を提供しています。

  •  営業:通年(予約制)
  •  休日:不定休
  •  住所:青木村大字夫神63-9
  •  電話:0268-49-0908

お土産

小麦粉に対してタチアカネのそば粉が20%入っています。

そばの蜂蜜なのにスッキリした味わいです。

タチアカネと青木村産米でできた100%地産の焼酎です。

まとめ

いろいろ紹介しましたが、食べてみないと分からないですよね。

なのでぜひ青木村へお越しください!

それではまた!