くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

ゲニポシド酸?グッタペルカ?抗ストレス効果のある杜仲葉

f:id:umio1719:20190829221937j:plain

うみのなかでございます。

玄関前にちょっとしたガーデニングのスペースを作っています。地面を削りだいたいの平行を取り、平たい石を並べて、間に砂利を敷き詰めました。あとは平たい石が動かないようにするのと、ウッドチップを敷き詰めれば完成です!

杜仲(とちゅう)って知っていますか?おそらく知らない方が多いと思いますが、杜仲は樹木です。五大漢薬の1つでもある杜仲には健康に良い成分が多く含まれているのです!今回はその杜仲について書きました。

杜仲(とちゅう)とは?

中国原産の落葉高木です。放置すれば高さ20mにもなります。現在ではトチュウ目トチュウ科に分類される唯一の樹種ですが、6000年前頃には世界各地で多くの種類が存在していたようです。芍薬、鹿茸、朝鮮人参、冬虫夏草と並び五大漢薬の1つでもあり、樹皮に含まれるリグナンという成分は血圧降下、滋養強壮などの効果があります。

杜仲は杜仲茶として日本でも何度かブームが起きています。そのため国内でも栽培している地域がありました。青木村も杜仲畑の跡が多くあります。そう、ブームなのですぐに下火になってしまったのです。

ゲニポシド酸とは?

f:id:umio1719:20190829222013j:plain

杜仲葉配糖体(とちゅうようはいとうたい)に多く含まれている成分がゲニポシド酸です。配糖体とは簡単に言えば糖と非糖質化合物が結合したもので、特に植物に多く存在しています。ゲニポシド酸は副交感神経に働きかけ、健康の維持を助けます。血管が拡張して血圧を降下させたり、冷え性や肩こりにも効果があります。ちなみにカフェインが入っていないのも良いところです。

副交感神経に働きかけるということはリラックスするということです。つまり森林セラピーには相性が良いんです。青木村では「青木村NIきたい会」という団体が荒廃した杜仲畑を再生して、杜仲茶、杜仲そば、石けん、化粧水などに商品化しています。ボクもいろいろな作業の手伝いをしていて、森林浴のイベントでは杜仲茶を活用させていただきました。

グッタペルカとは?

f:id:umio1719:20190829222032j:plain

杜仲葉をちぎるとネバーっとした白色の乳液が見られます。これがグッタペルカです。実はこれ天然ゴムとして利用されるのです。よく知られているのがゴムの木ですが、これはラテックスというゴム質の樹液をゴムにしますが、杜仲は乳液のグッタペルカからゴムにします。グッタペルカは別名ガタパーチャと言いますが、本来これは別の乳液なのですが、似ているためそう呼ばれています。

そしてこのグッタペルカが優れものなんです。栽培に付き物なのは農薬ですが、グッタペルカのネバーっとした性質は、葉を食べる害虫を絡めてしまうため、農薬いらずの害虫対策にもなるのです。栽培には草刈りなどは必要ですが、農薬不使用のため、ますます身体に良いんです。というより身体に害はないのです。素晴らしい!

青木村NIきたい会では杜仲そばを商品にしています。なんとこのネバーっと成分のおかげで、そばのつなぎである小麦粉のグルテンを強化するために入れる塩が不要になります。乾そばには食塩が入っていたりしますよね。その塩分をカット!すごい!

まとめ

とにかく健康維持には素晴らしい効果のある杜仲です。

  •  五大漢薬の1つ
  •  杜仲葉配糖体に含まれるゲニポシド酸は副交感神経に働きかける
  •  ゴムに利用されるグッタペルカは害虫を寄せつけない
  •  農薬不使用かつ塩分カットの杜仲そば

ブームの時の杜仲茶はクセがあり飲みにくい印象を持っている方も多いようですが、青木村NIきたい会(あおきむらにきたいかい)の国産杜仲茶はクセがなくスッキリしていてとても飲みやすく美味しいです。

お試しください!ではー!