くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

薪ストーブの焚き付けに最適!フェザースティック入門編

f:id:umio1719:20190130224948j:plain

こんばんは〜うみのなかです。

大豆を煎って、ミキサーのコーヒー豆などを挽く機能を利用して、自家製きな粉を作りました!大豆の香りと素朴な味わいがなんとも美味しい。石臼でもきな粉を作りたいと思っているので、実現したら書きます!

話は変わって...今回は薪ストーブの焚き付けに便利なフェザースティックの作り方をご紹介します。特に種火がない時には重宝します。もちろん薪ストーブだけではなく、キャンプの焚き火、BBQに欠かせない木炭の着火など、幅広く活用できます。

フェザースティックとは?

f:id:umio1719:20190130225904j:plain

直訳すると羽棒ですが、その名の通り木の棒に鳥の羽のようなものを作ります。薪や枝を薄く削ることで、火付きを良くなり、天然の着火剤になります。市販の着火剤なんかなくても、ナイフ1本あれば着火剤を用意できるので、無駄な出費もなく、ぜんぜん着火できないなんてこともありません。

フェザースティックには2種類あります。1つ目はマッチやチャッカマン、ファイヤースチール(マグネシウムなど可燃性の高い金属スティックをスチールなどの金属プレートで強く擦ることで発火させる器具)などで着火するためのティンダーフェザーです。出来るだけ細く薄く削る必要があります。これが出火するところ火口になります。2つ目はキンドリンフェザーです。これはティンダーの火を燃え移すことで焚き付け用に使用します。太く厚くとまでは言いませんが、太めに削る必要があります。

フェザースティックは結局のところ火を作ることが目的のアイテムなので、使い方も作り方も様々です。例えば、フェザースティックを作るときには薪を小割りにしますが、ティンダーとキンドリンを別々の小割りした薪を使って作っても良いし、同じ小割りした薪にティンダーとキンドリンの両方を作っても良いんです。

フェザースティックの作り方は?

f:id:umio1719:20190130224356j:plain

ボクの場合はティンダーをファッサファサに作って、別に作ったキンドリンに火を燃え移すか、ティンダーから小枝や小割りにした薪に直接燃え移すか、どっちかにしています。ファイヤースチールを使うときはティンダーにさらに細かいティンダーを作っています。そのため今回はティンダーの作り方入門編をお届けします。あくまでもボクの作り方使い方なので悪しからず。

薪を指の太さくらいに小割りにする

小割りにするには手斧でもナイフでも何でも良いですが、地面に石や砂利があると勢い余って刃物を傷つける可能性があるので、注意してください。乾燥している薪は刃を入れるとすぐにパキッと割れますが、水分が十分に抜けていないと地面ギリギリまで刃物を入れないと割れないこともあります。ナイフで薪を裂く(小割りなど)ことをバトニングなんて言ったりしてコツもありますが、まあ割れれば何でも良いです。(笑)

ナイフを薪に押し付けるようにして削る

小割りにできたらあとは削るだけです。フェザースティックを作るにはナイフ1本だけあれば出来るのが良いところです。ポイントは刃を立てないことです。キンドリンを作るときは刃を立てないと厚めに削れませんが、ティンダーは薄く削る必要があるので、ナイフと薪とをほぼ平行くらいに押し付けるイメージで削ります。また、手首を固定して薪と刃が直角になるようにゆっくりと削ります。あとは地面に薪を当てがって削ると力が自ずと入ってしまうので、慣れない場合は空中に維持して削ると上手く出来ると思います。

細かいティンダーを作る

もうこれでいいだろうくらいにファッサファサに削れたら今度はさらに細かいティンダーを作ります。爪切りのヤスリで爪を削るように細かく手首を動かすことで、おが屑みたいな感じになります。これがファイヤースチールなどで着火しやすい火口になります。

フェザースティックの使い方は?

f:id:umio1719:20190130225938j:plain

さて、作ったら使いましょう!焚き火や薪ストーブなどは必ず火起こしをしなくてはなりません。マッチ1本で火起こしが出来るなら簡単で良いですよね。木と火の特性を知れば難しくありません。

  •  小枝と細い薪
  •  キンドリンフェザー
  •  ティンダーフェザー
  •  太い薪

細い薪を1番上にしてこの順番でセットしてください。ティンダーに着火して、キンドリンに火を燃え移します。あとは小枝と細い薪を空気が通るように組みながら燃やしていれば自然と太い薪にも燃え移ります。

ちなみにモノが高温になるとガスを発生させるので、そのガスと酸素が結びついて火ができます。木は100℃になると水分が蒸発、200℃に近づくとガスを発生させます。そして約280℃になれば発火します。

火は上に燃えるのでフェザーを下にして斜めに傾けてセットすれば効率が良いです。細い薪などで傾きを調整すればOKです。ここまで何が大変かと言えば準備です。フェザースティックを作って、火起こしのために薪をセットすること、逆に言えばこれだけ出来れば、苦戦することなく炎を拝めます。

まとめ

田舎には薪ストーブユーザーが結構多いのです。火種がないと意外に苦労しているようです。フェザースティックを作り方みたいなイベントでもやろうかな〜と考え中です。ナイフをどれ買えば良いか分からない方はモーラナイフのオススメ度が世間的に高いみたいです。お手頃価格です。

ボクの使用しているナイフはこれです。

これはフェザースティックを始めたい方の初心者セットです。

ではさっそく作ってみましょー!それではまた!