くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

青木村の自然と特産品を楽しむ!森林浴イベントを定期開催

f:id:umio1719:20181114194036j:plain

こんにちは〜うみのなかでございます。

絹さやを植えました〜2袋買ったのですが、思ったよりも多い量になったので、販売も考えようかな〜と考え中です。大豆もそろそろ収穫です。これは交付金の関係で何とか販売したいのですが、栽培期間中は完全に農薬を使っていないので、キレイな豆があるか少し心配です。

青木村の自然と特産品をPRする目的で利用者数の少ない村営横手キャンプ場を活用して、森林セラピストがご案内する森林セラピーの要素を取り入れた森林浴のイベントを9月から11月まで3回実施しました。

森林浴とは?

森林浴とは1982年の朝日新聞紙上で秋山智英元林野庁長官が紹介した造語になります。つまりは日本発祥の言葉なんです。「人間と森林等の自然環境間の同調(シンクロ状態)による快適性増進効果を目指す行為」と定義されているようですが、要は森の中で快適に過ごしましょうという感じです。

森林セラピーとは?

森林浴という言葉が生まれた時代は森林が人間にもたらす快適性の評価法が確立されていませんでした。そこで評価法が確立されてきて2003年にできた言葉が森林セラピーです。森林セラピーは「科学的証拠に裏付けされた森林浴効果」のことを言います。注意していただきたいのは森林セラピーは「治療」ではなく「予防」であることです。

また、森林セラピーは特定非営利活動法人森林セラピーソサエティが商標登録をしています。同じく森林セラピストとセラピーロードが登録されています。全国には現在63の森が認定されています。認定はソサエティの審査委員会がします。自然環境に加えて宿泊施設の有無など社会的条件が水準を満たせば森林セラピー基地、宿泊施設は無くてもリラックス効果を科学的に証明したセラピーロードの2つがあります。

とにかく森で休みたい

さて前置きが長くなりましたが、とにかく森で休みたいと題した森林浴のイベントを9月、10月、11月と3回実施しました。青木村は森林セラピー基地でもセラピーロードでもないので、森林セラピーではなく森林浴です。青木村営横手キャンプ場を活用して、青木村の自然と特産品をPR、森林浴を通してより健康になってもらいたい!そして近くの信州昆虫資料館に寄ってもらいたい!そんな思いで開催しました。各回10名の募集で計30名をご案内しました。

森林浴と森林セラピーの説明をして、簡単な体操と深呼吸をして森に入る準備を整えます。と言ってもキャンプ場なのでとても歩きやすい整備された道です。足の裏に感じる土や落ち葉の感触、芳ばしいような香りのする葉、苔のフワッとした触り心地、凛とした木立、梢が揺れる音、木漏れ日の温かさ、鳥のさえずりなどを五感に語りかけるように働きかけながら、植物の豆知識や森に入るとなぜリラックス効果があるのかといった話を混ぜて散策をしました。また、リラックス成分のフィトンチッドは地面から40cm以内に留まるので、マットを敷いて寝転がり、地面から見る木々を感じながら安息をしました。最後は特産品を楽しむお茶タイムで終了です。大分端折ってはいますがこんな感じで進行しました。以下は各回で違うお茶タイムについて書きます。

第1回とにかく森で休みたい

f:id:umio1719:20181114194105j:plain

第1回は青木村NIきたい会さんのご協力により杜仲茶と杜仲茶で炊いたおにぎりを楽しみました。そして初めての開催ということでプラスαで全粒粉を使用した砂糖卵不使用のクッキーをカフェ開業の練習も練習ではありますが焼きました。そしてなんと杜仲そばのプレゼントもありました!第1回は出血大サービスになりました。

第2回とにかく森で休みたい

f:id:umio1719:20181114194130j:plain

第2回は株式会社よしともさんのご協力によりケールチップスとヤーコン発酵茶を楽しみました。自然栽培のケールはヴィーガン対応のチップス、ヤーコン発酵茶も同じく自然栽培の苦味が少ないお茶です。可愛いパッケージも人気でした。

第3回とにかく森で休みたい

f:id:umio1719:20181114194344j:plain

第3回はくつかけ果樹園さんのご協力により中梅ジュースとドライフルーツ(りんごとぶどう)を楽しみました。中梅ジュースは完熟した生梅の香りが爽やかで美味しく、ドライフルーツのりんごは秋映、シナノスイート、千秋の3種類を食べ比べしました。1種類おまけでいただきました!ぶどうはデラウエアでした。スライスして乾燥しただけの無添加ドライフルーツは味が濃くて人気でした。

まとめ

森の中で1分でも2分でもジッと静かにして耳をすますなんてことは普段しないと思います。森の中で10分間だけ寝転がるなんてこともしたことない方が大半だと思います。ぜひ1度お近くの森でしてみてください。もし近くに森がないようでしたら自然のある公園でもOKです。

長野県佐久市は森林セラピー基地に認定されていますが、そこでは森の案内人をしていますので、お声がけいただければ森林浴ではなく森林セラピーをご案内できます。森のパワーは素晴らしいです。ストレスチェック制度が義務化されて、森林セラピーはこれから需要が高まると思われます。日常的に森を取り入れることをオススメします!「とにかく森で休みたい」はこれから冬になるため次回の開催は来年度を予定しています!

ではでは!