くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

見せ方に楽しさが伝わる!素晴らしい韓国明洞のディスプレイ

f:id:umio1719:20181022212036j:plain

こんばんは〜うみのなかです。

ストーブとコタツ、ストーブとホットカーペット、どっちにしようか悩んでいます。青木村の冬は寒すぎると聞いているので、ストーブとコタツとホットカーペットも有りか〜でもお金かかるしな〜ん〜このストーブが欲しい!!

韓国のディスプレイが楽しくてとても参考になったので、それについてざっくり書きます。そして情報もざっくりです。そしてそして単なる感想文です。(笑)

清渓川ライトアップ

f:id:umio1719:20181022212106j:plain

清渓川と書いてチョンゲチョンと読みます。「けちょんけちょん」でも「ちょんげちょんげ」でもありません。滝のライトアップはよく見ますが、橋裏側のアーチをライトアップしているのはあまり見ないかと。これはおお〜ってなりました。傘を並べて一つひとつを電球でライトアップしているものには一言メッセージが書いてありました。このふたつを合わせて、雨上がりの虹に何を思うか?的な表現をしているのかな〜と思います。が、ハングル文字を読めないので分かりません!

そして幻想的?な雰囲気に同調するかのようにカップルが多いです。さらにバラードの弾き語りが間隔をあけてポツリポツリと歌っています。普通ならうるさい気がしてその場から離れた場所に座りそうだけど、なぜかその周りに集まって座っているんです。でも確かに歌はうまかったなあ。自分が抱えている感情に反して、人間が本来持ち合わせている潜在的な感覚は時にそれを凌駕することがありますが、今回の場合、うるさいな〜と思いながらも何だか分からない演出のある雰囲気に感覚が反応しているのかも知れません。

トッケビ夜市

f:id:umio1719:20181022212125j:plain

この照明ごとブースになったような見かけが斬新。売り手側には屋根が付いているので多少の雨も平気そうです。日本の縁日に見られる明かりとは違い、これはこれで商品が見やすくて良い感じです。そして可動式で設置も簡単そう。軽トラにも乗るので一つ持っていれば気軽に自分の商品を売ることができそうです。(笑)

この四角の中でも立体的にディスプレイする人もいればそうでない人もいますが、立体的にするとその影も良い味を出していました。テーブルの奥行きも長くないので、お店の方との会話もスムーズにできそうです。

L7明洞

f:id:umio1719:20181022212142j:plain

この黄色の粘土のような壁掛け飾りがオシャレです。部屋には黄色をコンセプトにしているであろう物がちらほらとあります。照明が1つではないので影が重なり良い感じになっています。映え〜ですね。テーマは旅とアウトドアでしょうか。旅に一括りになるかも知れませんね!これがカラフルだったら全然オシャレではないんだろうなと思います。

L7明洞は、トレンディな感覚と快適な雰囲気が調和したライフスタイルのホテルです。お客様のライフスタイルと地域の文化が調和して新しい文化を生み出す都心の休憩スペースで、ロッテ免税店、ロッテ百貨店などのショッピングモールや、景福宮、南山などの観光スポットが近くにあります。また、南山タワーが見えるマウンテンビュー、明洞の中心地が見えるシティビューに囲まれており、特別な旅をお贈りしています。主な施設には、最上階21階にあるルーフトップバーとフットスパ、パーティーや集まりなどのための3階のラウンジ&バー、洗練された感覚のスイートルーム、スーペリアルーム、スタンダードルームなどがあります。

L7明洞公式ウェブサイト

とりあえずトレンディでエンジェルなことが分かりました。(笑)

まとめ

なんかとっても魔が差した感のある記事になりましたが、反して明洞はなかなか面白かったです。新宿に屋台が陳列しているような感じです。日本人が多くて日本にもなんとなく似ているので異国感はあまりありませんがそれはそれで良しとしましょ〜

それでは!