くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

田舎ライフを快適にするために畑の草刈りとゴミ拾いと耕耘

f:id:umio1719:20180628162913j:plain

こんばんは〜うみのなかでございます。

ここ青木村もだいぶ暑くなってきました。このまま夏も毛布を使って過ごすのかなって感じでしたが、そんなこともなさそうです。(笑)

今回は、前回の庭木の剪定から畑を耕すところまで進んだので、それについて書きました。ホントに最初とは比べものにならないくらいキレイになりました!

畑の草刈り

畑と言っても元々は田んぼでした。それを田んぼではなくて畑にするために、まずは今まで全く管理されていなかったであろう草ボーボーを刈ります。結構な広さなので何日かに分けて刈りました。まずは土手を刈って、周りをキレイにしてから、その後に畑の中に取り掛かった感じです。それにしても疲れる。でも草刈りは割と好きです。(笑)

草刈り前

f:id:umio1719:20180628163039j:plain

草ボーボーです。

草刈り後

草刈りをしているとやたらセリがありました。春の七草のセリです。何の草なんて御構い無しに刈っていましたが、あの独特の匂いで気づきました。地面は晴れが続いていたのに水が溜まっています。田んぼだったからか、水が抜けにくいのかも?よく見てみると暗渠のようなものもあります。草刈り前と後の写真を撮り忘れていたので、上の途中の写真で比較します。ご勘弁!出てきた木材や草は燃やしました。

ボクが使っている草刈機はツーグリップというタイプ。

ゴミ拾い

f:id:umio1719:20180628163130j:plain

草刈りをしているとゴミが出てきます。というのも草で見えなかったゴミが草刈りをすることで姿を現すんです。排水で使っていたような塩ビ管、プランター、カン、ペットボトル、ビニールなどなどです。ブルーシートがかけてありましたが、豆トラも放置してあったので、どこかのタイミングで田んぼを使わなくなって、その後にゴミが捨てられていった?のかもしれません。結構な量でビックリです。

畑の耕耘

f:id:umio1719:20180628163232j:plain

草刈りをして、ゴミを拾ったら、次は耕耘です。まだトラクターや耕耘機は持っていないので、手で耕そうとも思いましたが、早々に無理だ!って思ったので、トラクターでの耕耘を手伝ってくれる方にお願いしました。上の写真は1回目と2回目の比較です。

1回目と石拾い

f:id:umio1719:20180628163209j:plain

草があるので、ボコボコしています。でもこれだけでもキレイになったなあという印象。これを人力でやると時間もかかるし、こんなにキレイにはならないと思うので、文明の利器さまさまです。昔の人はホントにスゴい。

そして石が多い。大きい石はとりあえず避けましたが、あると邪魔な中くらいの石がかなりあって、これはチマチマ取っていくしかないなということで、放置。(笑)

2回目と畝立て

f:id:umio1719:20180628163250j:plain

刈った草も枯れたので2回目はさらにキレイになりました。そして水が溜まりやすい場所もあるので、耕作エリアを決めて排水も少しできるように畝立てをしてもらいました。とても畑っぽくなりました。あとはまとめてある石を運んで、やっと、やっと、農作物を育てます。まずは大豆を蒔こうと思います!

まとめ

4月中旬に移住してきてから2ヶ月半、やっとこさです。でもゴミはまだ片付いていません。でもでも大豆はそろそろ撒かないとまずいので、撒いちゃいます。トラクターもホントはあと1回入ってもらうと、もっとサラーとした感じになりますが...時間的に無理です。(笑)

大豆が生長したらまた書きます!一切農薬関係は使わないので、鳥に鹿に食べられませんように。

では!