くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

障子の張り替えと外壁の掃除をして山の恵みで夕飯を食べた1日

f:id:umio1719:20180414104107j:plain

どーもですーうみのなかでございます。

マキタの掃除機がなかなか良いです。吸引力もさることながら、そのシンプルさと掃除機の先(ノズル?)がライトで照らされるところがナイスです。隅っこの暗いところの掃除がしやすい!

さて、今回はボクの1日を振り返ります。田舎の暮らしの「とある1日」と思ってもらえればってところです。まあ、それにしてもやることが多い。(笑)

障子の張り替え

f:id:umio1719:20180414103924j:plain

やったことあります?ない人がほとんどだと思いますが、そんなことを言っているボクもその一人です。まあ、なんとかなる訳ですね。やってみれば。障子の張り替えしないとなあと思っていたら、障子の張り替えやろっか?とまさかのご連絡をいただきまして、教えてもらいながら一緒にやりました。ボクとしては障子の張り替えなんて一大イベントな訳ですが、地元の方からしたら「そんなのいつもの事だよ」くらいのレベル。

手順は、

  1. お湯(ぞうきんを濡らす、霧吹きなど)を障子紙が貼ってある面の格子に沿って付けることでノリを浮かします。
  2. 2分とかちょっと時間を置くと、古い障子紙がペリペリペリっと簡単に取れます。
  3. そしたらあとは障子紙をサイズに切って、ノリを付けて、貼り付けるだけです。

素人ですけどキレイにできました。素人目線のキレイですけど。いやいや、でも素晴らしい。黄色から白に変わりました!上がそのまま、下が張り替え後です。ちなみに下の部分が上にスライドできるんですがこれは雪見障子って言うみたいです。

外壁の掃除

外壁がクモの巣やら何やらでなかなか汚い。だから竹ぼうきで払うんですけど、高いところなので、上からの払ったホコリと腕を上げての作業、これがまたなかなか大変でした。なんかマユみたいなの多いなあと思って取っていたら、クモのたまご?巣?で、黒くてちっちゃい赤ちゃんクモが大量に出てきました。

これにはビックリ。早めに処理しといて良かったんだよなあと思っています。おかげでそこそこキレイになりました。住環境を整えるってのは大変ですね〜これは都会にはあまりない要素だと思います。リノベーションして、焼杉なんか使ったらカッコいいよなあなんて思いますが、それはぜんぜん先の話です。(笑)

山の恵みで夕飯

f:id:umio1719:20180414103944j:plain

前回は玄関を出ると生えていたいわゆる野草でしたが、今回は山の恵みです。結局は野草ですが...でもホントに山で取ったので山の恵みにしときます。セリ、ウド、シイタケ(原木栽培)です。セリとシイタケ、あとは大根とかルッコラを追加して鍋にしました〜クセのある食材が多く、何だかクセのある鍋になりました。(笑)

でもそのおかげで、一つひとつのクセを確かめながら食べることができました。これがセリの味、これがルッコラの味。移住してきて思うのは野菜などの味が濃いことです。香りも高い気がします。「食材」を食べている感じがスゴいします。山の恵みをいただきました〜前回の記事です。

まとめ

なんでもない1日ですが、なんでもあった1日でした。休みの日にどこかに出かけるのももちろん楽しいですが、こうやって家の仕事をやって、次はこうして今度はあーしようって考えられるのは面白いなあと思いました。

それでは!