くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

家からの景色と周りの植物だけでもなんか生きていけそうな予感

f:id:umio1719:20180412230113j:plain

引越しを終えてから(最近移住しました)、眠くなる率が高いのは、慣れない環境に疲れてるからか、それとも田舎の心地良い雰囲気が眠くさせてるのか、どちらにしてもなんだか眠いうみのなかです。

さて、そんな訳ねえだろ!と言われそうなタイトルですが、景色が良くて食べ物があるとそんな気持ちにさせられます。そう、これはあくまでも気持ちです。(笑)

家からの景色

別に特筆するほどの雄大な自然とか絶景とかではないけど、この「〇〇らしい」雰囲気はやっぱり良いです。このブログを読んでくれている方はお分かりだと思いますが、もちろん「〇〇」は「田舎」です。

家から1分でお花見会場

前回使用した写真(上のリンクからどうぞ)も家の前で桜がありますが、家を中心に3方向に桜があります。ブルーシートを広げられるくらいのスペースもあるので、お花見会場が家から1分で完成です。桜はやっぱり良いですね〜葉が落ちた山に囲まれた桜は淡い色にも関わらず、かなりの存在感があります。桜が散れば一斉に芽吹きが始まって、山の色も豊かになってきます。

そして場所取りをしなくて良いです。お花見会場で会話しててもうるさくてよく聞こえないなんてこともないです。トイレも混んでて困ることはありません。何か足りなかったら家に取りに行けば良いんです。だって1分です。めちゃ近です。こりゃあもう特権ですね。お花見に最高な缶ホルダーもどうぞ見てください〜

段々な畑

畑が段々だとなんか良い。DANDAN心魅かれてきます。畑!田んぼ!って感じがするんですよね〜結構そういうカタチが好きなんです。カタチから入るってタイプではないですが、カタチは大事だと思います。 カタチと雰囲気ですね。それだけでモチベーションは上がったりします。単純な人間です。(笑)

でも環境としてはそうやって自分のモチベーションが上がるってのは持続する上で大切だと思っています。畑は続けていなければ雑草だらけになるし(自然農法みたいなの良いなあとは思いますが)、そこから生まれる近所づき合いなどの繋がりもなくなるかも分かりません。だからモチベーションが上がるような環境は作っていきたいですね。

家の周りの食べ物

f:id:umio1719:20180412230139j:plain

ふきのとう(ふき)、すいば、よもぎ、玄関を一歩でたところの地面を写真に収めれば、それだけで食べ物になるものがこれだけ生えています。なんか、生きていけそうな気がしませんか?(笑)

野菜は作って、なるべく買わないようにできればなあと思うけど、やむを得ず買おうかなあと思ったときは、玄関をでてスイバを採る、極端な話しそんなことも可能です。でもそうじゃなくて、普段から、今日はスイバ採って食べてみよう、な〜んてしたいもんです。で、それができちゃうので、やっぱりなんか生きていけそうな気がします。(笑)

まとめ

田舎は豊かですね〜玄関を一歩出ればこんなにも魅力があるんです。スイバは正直どこにでもありますけど、都会では排気ガスや犬のおしっこなんかが影響してると思うと、どうも食べる気にはなりません。まさか玄関を出たところに犬のおしっこはかかってないと思うので、とりあえず今度食べてみます〜

それでは少し短いですがこの辺で!