くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

春にオススメ!ゴツさと保冷力がナイスなYETIの保冷缶ホルダー

f:id:umio1719:20180328161134j:plain

こんにちは〜うみのなかでございます。

現在の仕事は残り1日の出勤となり、引越しが間近になり、なんだかバタバタしているようなそうでないような感じで、ブログの更新が滞っております...

今回は、たまにはボクが使用しているアウトドアな商品を紹介してみようと思い立ち、YETI(イエティ)の保冷缶ホルダーについて書きました。

YETIの魅力

そもそもYETIとはなんぞやって方は多いと思います。YETIの主力はクーラーボックス、何かと使うときがあるので、一家に1台あったらかなり重宝すると思います。ですが、機能を高めに高めているため価格はそれなりにします...

保冷力

なんだかすごい分厚さと密閉性によりその保冷力は保たれるそうですが、難しいことは分からないので、ここにも書きません。書けません。ただ、1週間後も氷が残っていたとか、そんな話もあるほどの保冷力です。1週間も氷をそのままにしているのもどうかとは思いますが...(笑)

ゴツさとタフネス

激流にも耐えるカヤックに使用されている機能を使っているそうです。そのため耐衝撃性と耐久性はかなり優れています。そうなるとゴツくなるのは想像できますが、その無骨なデザインがなかなかナイスです。かつシンプルなので飽きがこない感じも良いです。YETIの創業者はこう言っています。

それは存在する限り、毎日使い続ける事の出来るクーラーボックスを作ることでした。

YETI創業者 Roy Seiders , Ryan Seiders

生きている限り使い続けられるクーラーボックス、もしホントにそうならコスパ最強です。検索するとクマがYETIのクーラーボックスをガチャガチャしている写真も出てきますが、それくらいタフってことです。

YETIの保冷缶ホルダー

f:id:umio1719:20180328161201j:plain

お花見のシーズンで缶ビールを飲み始めたけど、思ったよりこの季節は日中暑いくらいに暖かくなり、せっかくの缶ビールもヌルくなりがちです。そんな時にオススメなのがこの保冷缶ホルダーでございます。

やっぱりゴツめのデザイン

あんまりこんな形のものは見たことがないと思います。というか缶単独に保冷をするってこと、それ自体があんまり見かけないように思います。そんな珍しさも見た目も楽しめるので、それで一つ会話が増えれば何よりですね!色は何色かありますが、ボクはシルバーです。傷がつけばシルバーの光沢と相まってとても味が出てくるはず!と踏んでこの色にしました。

意外な保冷力

缶単独を保冷するわけで、そんでもって飲み口は当然開いているので、保冷力としては大したことなさそうですが、そこはさすが保冷に特化したYETI。案外思ったよりも保冷されます。でもだって缶ってそんなにヌルくなるまで置いとかないでしょ!って人はサラッと飛ばしてください。(笑)

話が盛り上がってひと段落して、缶ビールに手を伸ばし、いざ飲んだ時に「うわ...ヌル」ってならないのが、これの良いところです。まだ冷たい!ってなります。正確な時間までは温度にもよるので分かりませんが、ボクにとってはその感覚の違いだけで十分なんです。

まとめ

そんなYETIの保冷缶ホルダーですが、買うと缶モチーフのちょっとした小物入れ?も付いてきます。「ヌルっ」ではなく「冷た!」を求めている人は価値ありです。

ちなみにクーラーボックスはこんな感じ、サイズはいろいろあります。

ではでは!