くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

田舎への移住で生活面について悩んでいる時に参考にするポイント

f:id:umio1719:20180318121458j:plain

ど〜もです〜うみのなかです。

高級志向のボールペンってホントに書きやすくてなんかカッコよくて良いですよね〜いつか10000円超えのボールペンを使ってニヤニヤしながら何かを書きたいと思っています。そんな人間になれるかどうか、そこにお金をかけるかどうかは分かりませんが...(笑)

さて、ここんところ移住ネタばかりになっていますが、今回も移住ネタでございます。田舎に移住する際にメリットやデメリットなんかを検索しますよね。その時それを参考にする際に注目するポイントをボクなりに挙げていきます。なのでここではメリットやデメリットって何があるの?ってことは書いていません。

その田舎の生活が合うか合わないかの判断ポイント

ネット環境さえ整えることができればサテライトオフィスを建てたい企業や移住したい個人は多いと思います。そういう意味では田舎への移住に対する仕事面の不安というハードルは下がってきています。じゃあ移住に関して生活面はどうなんでしょうか。参考にすべきポイントを挙げていきます。

メリットとデメリット

これはもう自分が田舎に何を求めていて、何なら妥協できるかだと思います。できるかどうかは別ですけど、私は妥協なんかしない!田舎で都会の生活を実現したい!って人はそれでも良い?と思います。お米と野菜は作るっていう人はスーパーはなくても良いかもしれないし、もしくは小さくても良いかもしれないです。あと、私は都会のきらびやかな要素はいらないって人は電気がなくても問題ないかもしれないですよね〜いや、電気はあった方がいいですね。(笑)

でも一貫して言えるのは、田舎に限ったことじゃないですけど生活を新しくするということは何かを変えなければいけないってことです。それが都会から田舎への移住は割合が高めなだけです。そう考えるとちょっとハードル下がりますよね?だからメリットとデメリットは全部が全部自分に当てはまるものではないし、当てはめる必要もないので、そこまで深く考える必要はないと思っています。

注目すべきは個人的主観

メリットやデメリットって検索すればいくらでも引っ掛かると思います。バスがない、スーパーがない、虫がいる、自然が豊か、人が優しい、そんなことは分かってる!って方はそのサイトや記事の個人的な主観に注目して下さい。たとえ企業が運営しているキレイなサイトだとしてもそこには個人の感情が少なからず入っているはずです。でもAIの文章作成はまだ先だと思いますが、もしAIにも感情があったらもはや判別つかない気はします…恐ろしい…(笑)

とまあ、田舎に移住するなら移住したことがあって実際に暮らしたことがある人の話や考えが結局1番参考になります。なのでその人がどういう感情で暮らしていて、どう思って生活しているのかというのを参考にしてください。それは文章を読んでいれば「…だと思います。」ってところに表れるはずです。逆を言えばそういう文で書いてあるサイトやブログを探したほうが良いと思います。

自分の価値観と照合

f:id:umio1719:20180318121533j:plain

そういうサイトやブログを見つけたら自分の価値観と照合してください。私はそうは思わないってなったら、もしかするとその地方の田舎は自分に合っていないかも知れません。感情や価値観はもちろん人それぞれですが、田舎に行って暮らしていれば、自分も同じような感情になってしまうというのは地方によって少なからずあると思いますので…

大都会の東京に移住となれば東京しかありませんので判別は簡単です。けど田舎に移住となると全国各地にあるわけです。また北から南で気候から人からぜんぜん違います。だからこそ、その人がそこでどういう思いで暮らしているかが参考になってきます。ビリビリ!っとこの人が言ってること分かる!ってなったら、実際に行ってみると良いかもしれませんね!なんならその人に話を聞ければ最高です。移住フェアなんかも良いですね!地域の方に話を聞けるまたとない機会です。それでも悩む場合は移住系の本で写真を見ながらざっくり場所を定めるのも良いかもしれませんね。

まとめ

やっぱり合うか合わないかが大切だと思います。正直行ってみないと分からない部分はありますが、合わないところに行ってしまって頑張っても合わなかったら最悪です。そのための判別ポイントを書きました。ちなみにボクは「縁」を大切に移住先を探しました。

  •  よくあるメリットとデメリットは気にしすぎない
  •  個人的主観が書いてあるサイトやブログを探す
  •  自分の価値観と照らし合わせて実際に行ってみる

こんな感じです。客観的意見よりも主観を尊重すると決まってくるのかなあと思います。移住後にボクが楽しみにしていることはこちらをご覧ください。移住先を決める際の参考になればうれしいです。

それではー!