くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

自然-造形美

3年に一度の祭典「大地の芸術祭」と日本三大峡谷の清津峡

2000年から始まった3年に一度の祭典「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018」に行ってきました。「人間は自然に内包される」をコンセプトに里山をフィールドにして自然に溶け込むような作品がエリア内の至るところに展示されています。

高山植物とコンパクト感!長野県東御市の「池の平湿原」

長野県東御市の湯の丸高原「池の平湿原」について書きました。おすすめポイントはコンパクト感と涼しさ!三方ケ峰の旧火口に長い年月をかけて形成された湿原はお見事です。登山装備がなくても整備されているので安心です。

水滴の付いたキラキラしたクモの巣を撮影してしまう心情を吐露

クモの巣って雨後や霧にさらされるとキラキラしますよね。儚さと強さ、そんなクモの巣を撮影してしまう心情を書いています。ちなみにカメラは素人です。誰が好んで読むのか分かりませんが...書いていて楽しいので良しとします。

四万温泉の甌穴付近で販売していたヤマブシタケと美味いみそ汁

川にある丸い穴を見たことがありますか?これは甌穴と呼ばれていて、長い年月をかけてつくられた自然の造形美です。四万の甌穴群にスポットを当てて紹介していますので、これを読んだら温泉がてら行ってみてください!