くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

甘さと少しの苦味を楽しむ!ハチミツみたいなタンポポ蜜の作り方

どこにでも生えているタンポポを使ってタンポポ蜜を作りました。甘さと少しの苦さがちょうど良く、まるでハチミツのような味がします。それもそのはず、タンポポの花粉がポイントなんです。洗い流さないように丁寧に扱います。

子供から大人まで楽しい!体験型の未病改善施設BiOTOP!A

病気になる前の未病をテーマにした未病改善施設BIOTOPIAに行ってきたので、少しですが紹介しています。株式会社ブルックスホールディングスが運営していて、森林セラピーのセラピーロードにも認定されています。ぜひ一度行ってみてください。

地下室改修計画!ちょっとオシャレな作戦会議室の進捗状況

元カラオケルームだった地下室を改修していてその進捗を書きました。床板張り、天井塗り、壁板張り、コルク張り、ランプシェード製作などのBeforeAfterを中心に苦労したことも少し紹介しています。まだまだやることは多いです。

鮮やかな七色に感動!大気光象の22°ハロと環水平アーク

上空の水滴や氷晶に太陽光が入射し、屈折や反射をすることで現れる大気光象の1つ、22°ハロと環水平アークを青木村にて確認したので書きました。この日は長野県のあちこちで確認できたようです。かなり珍しい幻日環も確認できたようです。

長野県青木村にある令制東山道浦野駅の枝垂れ桜が見事!

令制東山道浦野駅とそこに咲く枝垂れ桜について書きました。昔から人の流れがあった場所に昔からある桜の様相は厳かで素晴らしいです。歴史好きにはとても良い散策コースだと感じます。東山道を歩いてこの駅でひと休みがオツです。

ニホンミツバチ捕獲作戦!初めての巣箱作成から設置まで!

ニホンミツバチの巣箱作成から設置までを書きました。初めての挑戦ですが、青木村で「はにいかむあおき」という団体を組織していて、その皆さんと一緒に捕獲を試みています。とにかく捕獲できなければ始まらないので祈るばかりです。

青木村地域おこし協力隊!ボクの場合の「活動とミッション」

青木村地域おこし協力隊として活動をして1年経過しましたが、ボクの場合の活動とミッションについて書きました。いわゆるフリー型と呼ばれるタイプで自由度は高いものの、自分で動けないと苦労します。隊員志望の方の参考になればと思います!

気管支に効く!塩水の有効成分を吸引するインハレーション装置

今回は南ドイツのバート・ヴェーリスホーフェンにあるインハレーション装置について書きました。インハレーションとは吸引のこと、ドイツには芝や枝を積み重ね、その上から塩水を流し、マイナスイオンの含まれた空気を吸って寛ぐ場所があります。

信州青木村に移住してcafeを開業する!その③「Style&Menu」

今回はお店のスタイルとメニューを考えました。スタイルはドリンク中心、メニューは完璧に決まっているわけではありませんが、お楽しみなので小出ししました。自分の好きや得意を考えていくとイメージがかなり湧いてきます。

クナイプ療法の発祥地!バート・ヴェーリスホーフェン

南ドイツのバート・ヴェーリスホーフェンに行ってきました。ここは自然療法の一種、クナイプ療法の発祥地です。クアオルトという保養地、その施設のクアパークなど、ドイツは森歩きに医療保険が適用されています。その意識には脱帽です。

小倉乃湯の裏山にある温風穴と冷風穴と神聖な雰囲気の巨石群

青木村の沓掛地区にある小倉乃湯ですが、その裏には風穴があります。昔は貯蔵庫として利用していた冷風穴、その冷風穴から上方にある温風穴、温風穴は温かい風が出てきます。近くには大きい灯籠と平たい石垣、昔の暮らしを感じられます。

薪ストーブの焚き付けに最適!フェザースティック入門編

薪ストーブ、BBQの木炭、焚き火などに役立つ天然の着火剤「フェザースティック」の作り方を紹介しています。フェザースティックを作る手間はありますが、マッチ1本あれば簡単に火起こしが出来るアイテムです。お試しあれ。

小学生でも簡単に作れる菰織り機コンパクト版!おりおり!

今回は菰織り機のコンパクト版「おりおり」を紹介しています。福島県出身の青木村の方が所持していて、子供たちに体験させたところ大人気だったそうです。確かにこれは大人も黙々と作業をしてしまう楽しさがあります。

酸味があって塩っぱい!そこら辺に生えているヌルデの白い実

ウルシ、ハゼ、ヌルデはウルシ3兄弟なんて呼ばれますが、今回はヌルデの白い実について書きました。酸味があって塩っぱい白い実は昔は塩の代用として利用していたそうです。塩なのかそうでないのか、この記事ではそんなことが分かります。

渋柿の干し柿より甘いの!?甘柿ドライフルーツの作り方

渋柿の干し柿と甘柿のドライフルーツはどっちが甘いのかというとっても気の抜けたことを書きました。いや、どっちかというとメインは甘柿のドライフルーツの作り方のつもりですが...もはやそれもどっちでもいいですね。(笑)

しゃもじ?おわん?おたやさん?お正月の風習を簡単に紹介

青木村で初めて迎えたお正月、聞いたことあるような無いような言葉が多かったので、簡単ですがその風習などをまとめました。しめ飾り、繭玉、どんど焼き、おたや祭りについて基本的なことを知れます。来年はもう少し意味を考えたいです。

4泊5日の農山村体験プログラム「若葉のふるさと協力隊」

4泊5日の農山村体験プログラム「若葉のふるさと協力隊」を青木村で実施したのでそのレポートです。暮らしに焦点を当てた内容に参加者は観光では体験できないことを経験しました。地元の方と距離の近いプログラムに満足!だと思われます。

元旦登山は子檀嶺岳!山頂から望む西側の北アルプスと初日の出

青木村で初めて過ごした正月、そして元旦は登山をしてきました。青木三山の1つで子檀嶺岳という1223.1mの山です。山頂の景色がなんと言っても素晴らしい。北アルプスに初日の出、年の初めに良いスタートを切るにはもってこいです。

豆撒き後から選別まで無農薬無肥料ほったらかし大豆栽培

大豆の豆まき後から選別までの作業を書きました。無農薬無肥料のほったらかし栽培です。農業うんぬんを書いた記事ではありませんが、販売目的ではなくて自家消費する栽培なら参考になると思います。安心安産な大豆です。

田舎で暮らすと知らないものばかり!不思議な宇宙芋と白花豆

今回は田舎に暮らしていてこんな作物あるんだ!という驚き発見の一部で、宇宙芋と白花豆について書きました。宇宙芋はむかごの巨大バージョン、白花豆は碁石のように白い花豆です。どちらも栄養素が高いのでお試しあれ。

青木村の自然と特産品を楽しむ!森林浴イベントを定期開催

今回は横手キャンプ場を活用した青木村の自然と特産品をPRするイベント「とにかく森で休みたい」を実施したので、その内容について書きました。森林セラピストが案内する森林浴のイベントです。森林のリラックス効果を体感していただきました。

早朝の十観山から山合いを望む!長野県青木村の神秘的な雲海

雲海の名所は各地にありますが、ここは長野県小県郡青木村、全く名所にはなっていません。しかし、富士山の山頂で見た雲海に匹敵するほどの感動を青木村の雲海で体感しました。ぜひ一度、訪れていただきたい景色です。

見せ方に楽しさが伝わる!素晴らしい韓国明洞のディスプレイ

今回は韓国明洞で見た参考になったディスプレイについて書きました。ただし、この記事は参考になりません。魔が差したであろう記事になっています。暮らしと自然をモットーにしたこのブログで何故か韓国のディスプレイについてです...

信州青木村に移住してcafeを開業する!その②「コンセプト」

その①「本を買う」に続き、今回は「コンセプト」を決めるです。一冊の本を参考にしながらカフェのオープンをしようと進めています。どんなカフェ?カフェを始める理由は?いろんなことを洗い出してイメージを具体化しました。

簡単!美味しい!抗痙攣作用の甘酸っぱい木瓜シロップ完成!

木瓜(ボケ)という植物の果実はカリンのような甘い香りがします。今回はその果実を使ってシロップを作りました。ボケ酒にすることの方が多いそうですが、ボクは晩酌はしないので、シロップです。甘酸っぱい独特の香りが良い感じです。

重曹は不使用!砂糖と栗と水だけを使用!山栗で作る渋皮煮

重曹は使用しないで山栗の渋皮煮を作りました!重曹は繊維質を柔らかくする意味で使われるので、時間をかければ使用しないで渋皮煮を作れます。今回は山栗と砂糖と水だけです。時間と手間をかけた分だけ美味しくなりました!

秋の味覚シーズン!止め山作業とアミタケと蝶々の形?山栗の収穫

秋の味覚!アミタケと山栗について書きました。と言っても止め山作業がメインです。マツタケが生えるシーズンにキノコ採りをさせないために権利者が制限する行為です。それがメインなのにいつの間にかキノコ採りがメインに。(笑)

地下室改修計画!秘密基地的でちょっとオシャレな作戦会議室

今回は地下室改修計画について書きました。元はカラオケルームだった地下室を「秘密基地的でちょっとオシャレな作戦会議室」に改修しようという試みです。やがてはレンタルスペース的な感じで運営したいなあと思っています。

盛り上がったWS!長野県の地域おこし協力隊が集まる交流会

今回は長野県主催の地域おこし協力隊の交流会について書きました。福岡県の地域おこし協力隊が考案した「スキル×スキル」というワークショップを行いました。これがかなりの盛り上がりで楽しかったんです。案の実現に向けて動いています。

シルクとウールは水と生葉だけで綺麗に染まる!藍の生葉染め体験

藍の生葉染め体験をしました。先生は青木村に移住された方です。藍染めは蒅(すくも)と呼ばれる藍を発酵熟成させた染料を使いますが、今回は水と生葉だけで染めます。薬剤は一切使っていません。藍色より色は薄めですが、とてもキレイです!