くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

小倉乃湯の裏山にある温風穴と冷風穴と神聖な雰囲気の巨石群

青木村の沓掛地区にある小倉乃湯ですが、その裏には風穴があります。昔は貯蔵庫として利用していた冷風穴、その冷風穴から上方にある温風穴、温風穴は温かい風が出てきます。近くには大きい灯籠と平たい石垣、昔の暮らしを感じられます。

薪ストーブの焚き付けに最適!フェザースティック入門編

薪ストーブ、BBQの木炭、焚き火などに役立つ天然の着火剤「フェザースティック」の作り方を紹介しています。フェザースティックを作る手間はありますが、マッチ1本あれば簡単に火起こしが出来るアイテムです。お試しあれ。

小学生でも簡単に作れる菰織り機コンパクト版!おりおり!

今回は菰織り機のコンパクト版「おりおり」を紹介しています。福島県出身の青木村の方が所持していて、子供たちに体験させたところ大人気だったそうです。確かにこれは大人も黙々と作業をしてしまう楽しさがあります。

酸味があって塩っぱい!そこら辺に生えているヌルデの白い実

ウルシ、ハゼ、ヌルデはウルシ3兄弟なんて呼ばれますが、今回はヌルデの白い実について書きました。酸味があって塩っぱい白い実は昔は塩の代用として利用していたそうです。塩なのかそうでないのか、この記事ではそんなことが分かります。

渋柿の干し柿より甘いの!?甘柿ドライフルーツの作り方

渋柿の干し柿と甘柿のドライフルーツはどっちが甘いのかというとっても気の抜けたことを書きました。いや、どっちかというとメインは甘柿のドライフルーツの作り方のつもりですが...もはやそれもどっちでもいいですね。(笑)

しゃもじ?おわん?おたやさん?お正月の風習を簡単に紹介

青木村で初めて迎えたお正月、聞いたことあるような無いような言葉が多かったので、簡単ですがその風習などをまとめました。しめ飾り、繭玉、どんど焼き、おたや祭りについて基本的なことを知れます。来年はもう少し意味を考えたいです。

4泊5日の農山村体験プログラム「若葉のふるさと協力隊」

4泊5日の農山村体験プログラム「若葉のふるさと協力隊」を青木村で実施したのでそのレポートです。暮らしに焦点を当てた内容に参加者は観光では体験できないことを経験しました。地元の方と距離の近いプログラムに満足!だと思われます。

元旦登山は子檀嶺岳!山頂から望む西側の北アルプスと初日の出

青木村で初めて過ごした正月、そして元旦は登山をしてきました。青木三山の1つで子檀嶺岳という1223.1mの山です。山頂の景色がなんと言っても素晴らしい。北アルプスに初日の出、年の初めに良いスタートを切るにはもってこいです。

豆撒き後から選別まで無農薬無肥料ほったらかし大豆栽培

大豆の豆まき後から選別までの作業を書きました。無農薬無肥料のほったらかし栽培です。農業うんぬんを書いた記事ではありませんが、販売目的ではなくて自家消費する栽培なら参考になると思います。安心安産な大豆です。

田舎で暮らすと知らないものばかり!不思議な宇宙芋と白花豆

今回は田舎に暮らしていてこんな作物あるんだ!という驚き発見の一部で、宇宙芋と白花豆について書きました。宇宙芋はむかごの巨大バージョン、白花豆は碁石のように白い花豆です。どちらも栄養素が高いのでお試しあれ。

青木村の自然と特産品を楽しむ!森林浴イベントを定期開催

今回は横手キャンプ場を活用した青木村の自然と特産品をPRするイベント「とにかく森で休みたい」を実施したので、その内容について書きました。森林セラピストが案内する森林浴のイベントです。森林のリラックス効果を体感していただきました。

早朝の十観山から山合いを望む!長野県青木村の神秘的な雲海

雲海の名所は各地にありますが、ここは長野県小県郡青木村、全く名所にはなっていません。しかし、富士山の山頂で見た雲海に匹敵するほどの感動を青木村の雲海で体感しました。ぜひ一度、訪れていただきたい景色です。

見せ方に楽しさが伝わる!素晴らしい韓国明洞のディスプレイ

今回は韓国明洞で見た参考になったディスプレイについて書きました。ただし、この記事は参考になりません。魔が差したであろう記事になっています。暮らしと自然をモットーにしたこのブログで何故か韓国のディスプレイについてです...

信州青木村に移住してcafeを開業する!その②「コンセプト」

その①「本を買う」に続き、今回は「コンセプト」を決めるです。一冊の本を参考にしながらカフェのオープンをしようと進めています。どんなカフェ?カフェを始める理由は?いろんなことを洗い出してイメージを具体化しました。