くらしぜん

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん

菅平高原の爽やかな風と香りに触れる薬草ハーブに親しむ会

上田薬剤師会主催の第36回「薬草ハーブに親しむ会」に行ってきたので、そのイベントの様子と森林セラピーと香りの関係性について書きました。標高1400m、菅平高原の爽やかな風とハーブの香りにリラックスできました。

犬猿ならぬ烏鳶の仲!?空中の闘い!カラスとトンビの関係性

カラスとトンビの関係性について書きました。田舎ではこの2種類が喧嘩しているのを良く見かけます。果たして仲が良いのか悪いのか、性格と習性から紐解きました。犬猿の仲ならぬ烏鳶の仲?自然界の一部が垣間見えます。

長野県茅野市のため池!木々を映す鏡面と青色が美しい御射鹿池

長野県茅野市の御射鹿池(みしゃかいけ)について書きました。カラマツの木立が水面に映る様はとても美しく、北海道美瑛町の青い池に負けず劣らず素晴らしいです。春夏秋冬で景色は変わるので、全ての季節に行きたいと思っています。

室町時代からの万能調味料!醤油より品のある煎り酒の作り方

煎り酒(いりざけ)の作り方について書いています。材料はお酒、梅干し、かつお節だけ、醤油より品のある万能調味料です。室町時代から江戸時代まで普及していました。白身魚、卵かけご飯、冷奴など、何でも合います!

生薬の甘草とは別物!根も芽も蕾も花も食べられる萱草の魅力

野に生えている萱草について書きました。根も芽も蕾も花も食べられます。それぞれ食感が違うので、新芽が出る春から蕾や花になる梅雨時期まで楽しめます。混同されやすいのは生薬としての甘草です。読み方は同じカンゾウですが別物です。

蛍を入れて遊んだからホタルブクロ?その由来は本当?

ホタルブクロの由来について3つ書きました。一般的なのは花に蛍を入れて子供が遊んでいたからという説ですが、他にも2つあって、そのうちのボクは1つが好きです。由来はどれが本当かは分からないのが面白いですね!

地域を越えて横の繋がりを強化する試み!ueaoフムス始動!

地域を越えて地域おこし協力隊で何かをやろう!という試みについて書きました。これは定住率や情報の共有を強化するためであり、地場産品とそれぞれの特技を活用しています。アレンジしたフムスを商品化するために集まっています。

ニホンミツバチ捕獲のあれこれ!巣枠式から重箱式!分蜂群!?

ニホンミツバチを捕獲しましたが、いろいろハプニングがあったので、今回はそのことを書きました。巣枠式から重箱式に変更したり、分蜂群を何とか取り込もうと試みたり、現在2群飼っていますが、どうなることやらです。

暦上の梅雨入りを指す入梅!梅雨入りと立葵と栗の花の関係性

入梅と梅雨入りの違いを知っていますか?梅雨入りの時期には花が咲いたりとその時期にしか見られないものがあります。立葵と栗の花は梅雨と密接に関係があり、面白い云われがあります。梅雨は梅雨で楽しみましょう。

養蚕業の名残!子檀嶺岳900m付近にある巨大な村松の風穴

長野県は養蚕業で栄えていましたが、もちろん青木村もそうでした。今でも天井の低い家屋が多く残っています。大正時代の当時は青木風穴株式会社という会社があり、子檀嶺岳の900m付近に大きな風穴を作りました。

4月からとりあえず1年間だけ洋服を買わない宣言の結果公表

昨年4月から始めた洋服を1年間だけ買わない宣言の結果です。結果としては一応成功ですが、その結果が良いかと言えばそうでは無いと思えるところがあります。その考えをまとめ、これからどうしていくかを書きました。

甘さと少しの苦味を楽しむ!ハチミツみたいなタンポポ蜜の作り方

どこにでも生えているタンポポを使ってタンポポ蜜を作りました。甘さと少しの苦さがちょうど良く、まるでハチミツのような味がします。それもそのはず、タンポポの花粉がポイントなんです。洗い流さないように丁寧に扱います。

子供から大人まで楽しい!体験型の未病改善施設BiOTOP!A

病気になる前の未病をテーマにした未病改善施設BIOTOPIAに行ってきたので、少しですが紹介しています。株式会社ブルックスホールディングスが運営していて、森林セラピーのセラピーロードにも認定されています。ぜひ一度行ってみてください。

地下室改修計画!ちょっとオシャレな作戦会議室の進捗状況

元カラオケルームだった地下室を改修していてその進捗を書きました。床板張り、天井塗り、壁板張り、コルク張り、ランプシェード製作などのBeforeAfterを中心に苦労したことも少し紹介しています。まだまだやることは多いです。