くらしぜん。

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん。

田舎ライフを快適にするために家周りの庭木剪定とゴミ片付け

こんにちは〜うみのなかです!

長野県青木村ではニセアカシアの花を天ぷらにして食べると聞きました。あとネギ坊主も天ぷらにして食べると聞きました。他の地域でも食べるんでしょうけど、ボクは初めて聞きました。なんとまあ、天ぷらにしたら何でも食べられる気がしてきています。(笑)

今回は鬱蒼としていた家周りの片付けとか庭木の剪定に入ってもらったりとか、そんなことをまとめました。結構な汚れ方だったけど、やればそれなりにキレイにはなります!

玄関前にある玉切りされた木を撤去

f:id:umio1719:20180524222553j:plain

この木がかなりの量でした。何と軽トラ3台分です。玄関前に切り株があるので、恐らくそれを切って、近くに玉切りして置いといたって感じだと思いますが、前に住んでいた方がそうしたのか、それは迷宮入りです。ただやたらと細かく玉切られていて、それを軽トラに積み込むのも、まあ大変でした。その中に桜の木があったので、チップにして燻製でもしようかと思いましたが、乾燥している訳ではなくて、土の上に積み重ねてあったので朽ちていました。残念...中には大丈夫なのもあったけど、もはや、そんなことはどうでもいい!とりあえず撤去だ!って感じで撤去しました。

撤去前

f:id:umio1719:20180524222611j:plain

結構な太い木もありました。

撤去後

f:id:umio1719:20180524222634j:plain

これだけでもちょっとスッキリ!

家周りの庭木剪定

f:id:umio1719:20180524225125j:plain

写真の通り、ずっと手入れされていない庭木はボサボサです。ボサボサだと日が入らないため、枯れてしまっている部分もかなりあります。そして、その枯れの更なる原因はツルとツタです。かなり茂っています。引っ越してきたのが4月中旬だったので、芽を出して伸びて絡みついてくる前に退治しようと思って、何とか間に合いました。

庭木の剪定は、緑のふるさと協力隊の同期で、青木村の隣の麻績村の友人に頼みました。剪定のセオリーは置いといて、とにかくスッキリさせたかったので、なるべく早くお願い!と頼みました。でも、ツツジは花芽が付く前なので、ちゃんと来年も咲きます。

ボクももちろん手伝いながらやりましたが、ボケとイバラが痛い。あと、軽トラを入れたいがために、株立ちのツツジ?を抜根しました。手作業なので、時間もかかるし、疲労感はマックス。でもその達成感たるや。そして今日、その剪定枝を燃やしました。

剪定前

f:id:umio1719:20180524225146j:plain

伸び放題のボッサボサです。

剪定後

f:id:umio1719:20180524225205j:plain

スッキリ!だけどやっぱり部分的に枯れています。

抜根作業

f:id:umio1719:20180524225236j:plain

この作業がかなり辛かったんですけど、イマイチ伝わらない写真です。(笑)

まとめ

これで家周りはかなりスッキリとキレイになりました。写真にはないけど、家の裏と横も剪定してスッキリです。あと草刈りもしたので、スッキリ具合は増しました。今度は、借りた畑の草刈り、そしてここにもゴミがかなりあるので、これを撤去して、そしたら畑を耕す感じです。鍬欲しい。

ここまで進んだらまた書きます!では!