くらしぜん。

ほんのひと手間で暮らしは自然になる

くらしぜん。

蝋梅だけではない黄色の花が美しい埼玉県長瀞町の宝登山とカキ氷

f:id:umio1719:20180403195849j:plain

こんにちは〜うみのなかです。

引越しの真っ最中でやっぱりブログの更新が滞っています。でもさすがに1週間以上は空けたくないので、なんとか更新しております。(笑)

今回は長瀞町の宝登山(ほどさん)に咲く黄色い花を3種類だけいつもより写真多めで紹介します!品種については触れません。どれもが個性ある花なので見ていて楽しいと思います〜長瀞町には天然氷のカキ氷、岩畳、日本一の甌穴など見所がたくさんありますのでぜひ!

宝登山の黄色い花

宝登山には蝋梅をはじめ黄色い花がけっこう咲いています。これから3種類だけ紹介するので、これをキッカケに宝登山で黄色い花巡りをすると楽しいかも?です!この3種類は1月から3月上旬の同じ時期にかけて咲きます。

蝋梅(ロウバイ)

f:id:umio1719:20180403195510j:plain

クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属で中国原産です。そう言われると確かに中国っぽさがありますね。黄色はそこまで鮮やかではないけど、質感が蝋のようで半透明のような黄色を楽しめます。宝登山の蝋梅園は見頃になるとロウバイまつりも開催されて多くの観光客で賑わいます。約3000本もあるみたいなので、蝋のような黄色の少し変わった景色を遠くの山々と一緒に一面に眺めることができます。あとボクは蝋梅の香りが好きです。この香りを嗅ぐと「お〜冬だな」と感じます。ちなみに花言葉の一つは「ゆかしさ」です。象徴しすぎない蝋梅で心ひかれてください。じっくり観察するのも良いですよ。ライト付きのルーペをボクは愛用しています。

福寿草(フクジュソウ)

f:id:umio1719:20180403195536j:plain

キンポウゲ科の多年草です。とても幸福そうな名前の福寿草は、春を告げる代表の花とされています。そのため元日草とか朔日草なんて呼ばれています。パキッとした黄色は濁りがなくとても清々しい色をしています。パキッとしたっていうのはなんかこうピッとしている感じです。

ただこの福寿草はまさかの毒草なんです。根は強心作用があり民間薬として使われるそうですが、同時に毒があります。綺麗なものには毒がある、可愛いものにも毒がある、乱れた心をパキッと制すような、そんな花です。例えが分かりません。適当です。(笑)

満作(マンサク)

f:id:umio1719:20180403195554j:plain

まず咲く、マンサクです。なんか自己紹介みたいになりましたが、そんな由来もあるそうです。これはユキノシタ目マンサク科マンサク属になります。ビロんとした面白い花が特徴的で黄色はけっこう鮮やかです。応援とかで使うボンボンを激しく使いすぎて抜けちゃったみたいな花です。別に花をバカにはしてません。(笑)

福寿草もそうですが、けっこう山に自生していたりするので見たことある人は多いはずです。そんなビロんとした満作の花言葉の一つは「霊感」です。確かになんか霊気を発しているような...幽☆遊☆白書の幻海に似ています。

天然氷のカキ氷「阿左美冷蔵」

まあ、ここは有名すぎますが、ホントに美味しいカキ氷です。天然氷のカキ氷を提供しているのは全国で3箇所?5箇所?くらいって聞いたことがあります。またもや適当ですいません。(笑)

天然氷はキーンとならないって聞きますけど、かき込めばキーンとはなります。これは実体験なんでホントです。アールグレイなんて変わり種もあって、ゆっくり時間をかけて2つ3つ食べるのもありかもですが、かなり行列するので、店舗を周ることは難しいかもですね〜でも黄色の花の時期、これは冬なのでわりと空いてると思います。ただ天然氷には限りがあるはずなので、天然氷ではない可能性はあります...しかし、美味い!

asamireizou.blog.jp

まとめ

宝登山の蝋梅は有名なので、その蝋梅にとらわれると周りにある小さな花を見落としがちです。ぜひ黄色の花巡りをして見てください。自分で注目するポイントを決めて歩くだけで、かなりの発見があって、面白いです。

黄色ってなんか元気があるし、福が来る感じがしますよね!良いじゃないですか!春を黄色い花で迎えましょう!

それでは引越しの準備があるのでこの辺で!